BUX Web Design

Google EAT

2023.11.20

Googleはウェブサイトの品質を評価する基準として「EAT」を採用しています。これは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の三つの要素から成り立っています。
この記事ではこれらの要素がSEOにどのように影響を及ぼし、ウェブサイトの品質をどのように向上させることができるのかについて掘り下げてみます。

EATの重要性

Googleは、特に「Your Money or Your Life」(YMYL)と呼ばれるページ(金融情報、健康に関するアドバイスなど、ユーザーの幸福に直接影響を与える可能性があるコンテンツ)でEATを重視しています。高いEATを持つページは、Googleの検索結果でより良いランキングを得る可能性が高いと考えられます。


EATの3要素

専門性(Expertise)

サイトのコンテンツはその分野の専門知識に基づいている必要があります。例えば、医療に関するコンテンツであれば、専門家によって質の高い情報が望ましいと考えられます。

権威性(Authoritativeness)

権威性は他の専門家や、機関からの引用やお勧めなどによって構築されます。

信頼性(Trustworthiness)

透明性と正確な情報提供によって高められます。セキュリティ証明書の使用や、コンテンツの正確性を保証するための努力が含まれます。


EAT強化の参考実践例

  • 専門性(Expertise)

    専門家によるコンテンツの作成や監修を行う。

    例: 医療関連のブログの場合、医師や医療専門家による記事の寄稿を依頼する。また、専門家の資格や経歴を明示し、内容の信頼性を高める。

  • 権威性(Authoritativeness)

    業界での評価や信頼を築くために、専門家からの推薦や引用を活用する。

    業界の権威ある団体や個人からの推薦をウェブサイトに掲載する。例えば、金融アドバイスサイトであれば、金融機関や認定された財務のプロからの推薦文を掲載する。

  • 信頼性(Trustworthiness)

    ウェブサイトのセキュリティを強化し、透明性を持って情報を提供する。

    SSL証明書(HTTPS)の導入でサイトのセキュリティを強化し、個人情報保護方針や連絡先情報を明確に掲載する。また、広告やアフィリエイトリンクがある場合は、これらをユーザーに明示する。


まとめ

GoogleのEATは、ウェブサイトの品質を高め、長期的なSEO戦略を構築する上で不可欠な要素です。これらのガイドラインを遵守することで、Googleによるより高い評価を得られるだけでなく、最終的にはユーザーにとっても価値あるコンテンツを提供できるようになります。

Share on

ご自由に共有ください