BUX Web Design

3種類あるSEO対策

2023.05.26

上記の画像の様に、SEO対策は「テクニカル」、「オンページ」、「オフサイト」の3つのカテゴリーに分ける事ができます。
またそれらをさらに細分化して見る事で実際にどういった対策を行うべきかの検討が簡単になります。

以降、3つのカテゴリーとそれらのサブカテゴリーを簡単にご紹介いたします。


Off Page

オフページ対策はサイト上以外での対策を指します。マーケティングに直結していますので大事な施作だと思います。

  • バックリンク

    他のウェブサイトからのリンク数が多いと、検索エンジンが評価しやすくなります。またサイトトラフィックも増加します。

  • SNS

    記事、製品情報、新機能などサイトのコンテンツをSNSで共有する事により、そのコンテンツへのアクセスが増え、間接的にサイトの検索エンジンランキングに影響を与える事が出来ます。

  • インフルエンサーマーケティング

    自社商品などをインフルエンサーと契約してSNS上で宣伝してもらうといった施作です。
    ステマは禁止されているので広告であることを明示する事が必要です。


On Page

ページや記事などを作成・編集する時に出来る、サイト上での対策を指します。

  • キーワード最適化、メタタグの編集

    特定のキーワードまたはフレーズをウェブサイトのコンテンツやメタデータに効果的に組み込むプロセスを指します。
    キーワードリサーチで用意したキーワードを使ってコンテンツを制作するといった流れになります。

  • 内部リンク

    同サイトの別ページへのリンクを利便性のために設置するとサイトの滞在時間をあげたり、ユーザー体験を良くする事ができます。


Technical

主にホームページ制作やリニューアルの際にできる対策です。専門性が高いためウェブ制作者にお願いするケースがほとんどかと思います。

  • Sitemap,Robot.txt

    ウェブクローラーの道案内的なファイルです。

  • モバイル最適化

    Iphoneなどの小さい端末でも適切に表示をされているかどうかは検索結果にも影響があります。12px以下のテキストがあると読みにくいと判断される事があります。

  • サイトスピード

    サイトスピードはユーザー体験にも大きく影響がありますので検索結果への影響があります。
    画像が多い場合にはwebpなどの圧縮率が高く軽めの画像を使ったり、CDNを使って画像の読み込みは別サーバーに担当してもらうなどといった対策があります。

Share on

ご自由に共有ください